福岡県糸島市の専業農家・小川武臣さんのお話


雷山のふもとで完熟鶏糞堆肥たっぷりの米作り

同じ品種でも育て方、育てる土地によって味は違います。一般にミネラルたっぷりの水に恵まれた山付きのお米はおいしいと言われますが、ここ雷山の山付きの田んぼで完熟鶏糞堆肥をたっぷり鋤きこんで作ったお米は、皆様にぜひ一度食べていただきたいわが農園自慢のお米です。

 


減農薬栽培ができるのは、土壌改良資材「キンド」のおかげです。

令和3年度からは池田米穀店さんからの依頼で、減農薬米(キンド酵素)の栽培にも取り組むことになりました。これはキンド酵素と多くの微生物が入った土壌改良資材を米ぬかに混ぜて田植え前の田んぼに漉き込み、さらに稲の穂が出てからは液体散布が2回という手間も経費もかかる栽培法ですが、これによって地力がグンと上がって農薬に頼らない米作りができるのです。

 

これが減農薬米の生みの親
これが減農薬米の生みの親

確かに稲のパワーを感じます。味も乞うご期待!。

キンド酵素栽培を始めてからは様子見に田んぼに足を運ぶことが多くなりました。確かにキンドで育てた稲はしっかりと根を張り、よく分けつし、倒れにくい。稲そのもののパワーを感じますね。それだけではなく、お米の旨み甘みも強いということで、8月末の収穫を減農薬米(キンド酵素)ファンのお客様と共に私自身、楽しみにしています。

 


令和3年度からは小川さんの減農薬米(キンド酵素)を販売
令和3年度からは小川さんの減農薬米(キンド酵素)を販売

減農薬米(キンド酵素)は先代である母が農家さんに栽培委託して、2000年頃から販売を始めました。特に健康志向の強いお客様たちからの厚い支持があります。ある保育園では玄米のまま子どもたちに提供していて、それでも喜んで食べてくれるのはおいしいからだと。このお米は安心安全だけではなく、味のよさにも定評があります。冷ましたほうがよりおいしいというお客様もいらっしゃいますよ。

 

池田米穀店 池田成子

小川さんのお米は、ご自宅用ギフト用2種銘柄米詰合せとしてお求め頂けます。